柑皮症(症状/治療)

柑皮症 を紹介しています。

柑皮症(症状/治療)

柑皮症とは?

柑皮症とは、みかんやかぼちゃといったカロチンを多量に含んでいる食べ物を食べ過ぎることが原因で起こります。

柑皮症となると手のひらや足の裏などの皮膚が黄色くなります。
柑皮症では黄疸の場合と異なり、白目の部分が黄色くならないことが特徴です。

スポンサードリンク

柑皮症の症状

柑皮症では皮膚に黄色の色素が沈着する症状がみられます。

柑皮症の治療

柑皮症の治療では、カロチン豊富な食物を控えることで数ヶ月で自然に治ります。なお、黄疸ではありませんので血液検査によるビリルビン値に異常はみられません。

スポンサードリンク


柑皮症(症状/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .