肺がん(症状/検査/原因)

肺がん を紹介しています。

肺がん(症状/検査/原因)

肺がんについて

肺がんには世界的にも毎年増加傾向で、日本では長年がんによる死因の第一位となっています。肺がんの原因は気管、気管支、肺胞の細胞ががん細胞に変化して、そのがん細胞が増殖することによって発生します。

がんは扁平上皮がん、腺がん、小細胞がん、大細胞がんなどに分類されますが、小細胞がんと扁平上皮がんは喫煙との関係が深いです。

スポンサードリンク

肺がんの症状

肺がんの症状には主にせき、胸痛、喘鳴、息切れ、血痰、声がれ、顔や首のむくみなどがあります。

太い気管支から発生するがんは初期症状に咳、血痰などがあらわれて、症状が進むと呼吸困難や喘鳴(呼吸するとヒューヒュー・ゼーゼーとなる)があらわれます。

肺胞に発生しやすい腺がんは初期は無症状ですが、進行してがんが大きくなると気管支の圧迫や浸潤によって咳、血痰、呼吸困難、喘鳴などの症状がみられます。 肺組織内にがんが存在するだけでは痛みを感じませんが、胸膜や胸壁、横隔膜などへ浸潤すると胸痛や背中の痛みを感じます。肺がんがリンパ節転移すると、縦隔リンパ節が腫大して嚥下障害や声のかすれ、顔のむくみ、咳、呼吸困難となります。

その他症状には、他のがんの症状と同様に疲労感、食欲不振、体重減少などがみられます。

肺がんの検査

胸部X線単純撮影、気管支内視鏡、X線CT、喀たん細胞診など。

咳や痰などの症状が見られる場合は、胸部X線単純撮影と気管支内視鏡検査をまず行います。
がんの有無と種類を確認するためには喀たん細胞や生検を実施します。
必要に応じてCTガイド下肺針生検、胸膜生検なども実施します。

スポンサードリンク


肺がん(症状/検査/原因)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .