白血病(症状/検査/原因/治療)

白血病 を紹介しています。

白血病(症状/検査/原因/治療)

白血病とは?

白血病は血液の白血球が、がん化した病気です。

白血球はリンパ球、好酸球、好塩基球、単球から構成されていて、リンパ球が免疫活動を行い、好酸球や好塩基球はアレルギーの処理・消化を、好中球と単球は細菌などの異物の処理・消化を行います。

白血病には未熟な白血球が多い急性白血病と少ない慢性白血病があります。
そのため白血病になると白球球が未成熟であるため、上記のような役割を果たすことができずに様々な障害を引き起こします。

スポンサードリンク

白血病の原因

白血病の原因ははっきりとわかっていませんが、放射線被爆、レトロウイルスの感染、発ガン物質、遺伝性、ホルモン異常、などの要因が複雑に合わさって発病するといわれています。

白血病の症状

急性白血病では、顔色が悪くなり息切れがする貧血症状や皮下出血や歯茎からの出血、発熱、感染症などがみられることがあります。一方で慢性白血病では自覚症状が見られないことが多いですが、リンパ節の腫れや腹部の張りなどがあります。

白血病の検査

赤血球数、ヘモグロビン病、血沈、血液像、フェリチン、白血球数、骨髄穿刺など。

血液検査で赤血球、白血球、血小板の数を測定し、白血球の種類や未熟細胞の確認を行います。白血病の場合は白血球の割合が増加して、その他赤血球と血小板の比率が減少します。

白血球の治療

☆急性白血病の治療には寛解導入療法、地固め療法、維持療法、支持療法などがあります。

1.寛解導入療法
寛解とは症状が落ち着いてきた状態のことで、その時期に抗がん剤を使用して白血病細胞を全滅させる方法です。

2.地固め療法
寛解導入療法を行った後に白血病細胞をさらに減らすため、寛解導入療法で有効であった抗がん剤を使用して治療します。

3.維持療法
地固め療法後にさらに寛解状態を維持するために、抗がん剤による治療を行います。

4.支持療法
抗がん剤による療法では正常な白血球まで減らしてしまうため、それによる合併症を防ぐ治療を支持療法といいます。

☆慢性白血病の治療では抗がん剤の使用や骨髄移植が行われることがあります。

スポンサードリンク


白血病(症状/検査/原因/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .