悪性リンパ腫(症状/検査/治療)

悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫・非ホジキンリンパ腫) を紹介しています。

悪性リンパ腫(症状/検査/治療)

悪性リンパ腫とは?

悪性リンパ腫とは体の中にあるリンパ節やリンパ組織のある臓器に起こるがんのことです。悪性リンパ腫は主に2種類に分類でき、ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫があります。

ホジキンリンパ腫…リンパ節から隣接したリンパ節にがんが転移していきます。
非ホジキンリンパ腫…がんがリンパ節や消化管、皮膚などで発生して、様々な部位に転移していきます。

スポンサードリンク

悪性リンパ腫の症状

リンパ節の腫れ(特に頸部リンパ節や扁桃腺)、発熱、体重減少、寝汗、貧血症状など。

悪性リンパ腫が全身に広がっていくと、発熱、寝汗、体重減少がみられます。
非ホジキンリンパ腫は低悪性度、中悪性度、高悪性度に分類され、低悪性度のリンパ腫は進行が緩やかですが、中悪性度や高悪性度のリンパ腫は進行が早いです。

悪性リンパ腫の検査

血液検査、X線検査、CTスキャン、エコー、MRI、リンパ管造影、消化管検査、骨髄生検、骨髄穿刺、末梢血検査など。
リンパ節の腫瘍を確認して、リンパ節の生検によって確定診断を下します。

悪性リンパ腫の治療

治療方法は腫瘍の広がりによって決定しますので、十分に検査を行ってから治療方針が決まります。

悪性リンパ腫が比較的限られた部分にあれば、主に放射線療法が行われます。
全身に広がっている場合は抗がん剤を用いた化学療法を実施します。

ホジキンリンパ腫の場合は、放射線療法と化学療法が行われ、非ホジキンリンパ腫は化学療法が行われることが多いです。

よく使われる薬にはアルキル化剤、代謝拮抗剤、植物アルカロイド、抗がん抗生物質などがあります。

スポンサードリンク


悪性リンパ腫(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .