食道がん(症状/検査/治療)

食道がん を紹介しています。

食道がん(症状/検査/治療)

食道がんとは?

食道がんは食道の粘膜からできる扁平上皮ガンがほとんどで、胸部の食道に発生することが多いです。そして、他の部分に転移しやすく、治療も困難ながんです。
食道がんの原因はタバコ、お酒、刺激のある食べ物などが考えられています。

スポンサードリンク

食道がんの症状


早期では無症状や飲み込むときの軽い違和感といったものですが、ガンが進行すると嚥下障害、胸がつかえる感じを覚えます。
なお、嚥下障害を引き起こすと食事することが困難になって、体重減少や栄養障害になることもあります。

食道がんの検査

内視鏡検査、X線検査、CT検査。MRI、超音波内視鏡など。

一般的に内視鏡検査とX線検査を実施します。
特に早期のガンの検査では内視鏡検査が有効です。

食道がんの治療

早期治療がとても重要です。
一般的に手術で食道を切除しますが、早期の食道がんの場合は内視鏡を使って切除することができます。また、胸腔鏡で開胸を行わない食道の切除術もあります。
食道がんでは広範囲にリンパ節に転移しますので、転移する可能性のあるリンパ節の切除も実施します。

食道がんが進行して切除が困難である場合は、放射線治療や抗がん剤による薬物療法が採用されます。

スポンサードリンク


食道がん(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .