喉頭がん(症状/検査/治療・手術)

喉頭がん を紹介しています。

喉頭がん(症状/検査/治療・手術)

喉頭がんについて

喉頭がんは主に喫煙と飲酒が関係していて、女性より男性に多い病気です。

喉頭がんには発生するガンの部位によって声門がん、声門上がん、声門下がんと呼ばれ、症状も部位によって異なってきます。
なお、初期症状にはかすれ声がみられ、内視鏡で容易に観察できるため、他のがんと比べて早期に発見されることが多いです。

スポンサードリンク

喉頭がんの症状

主な症状はかすれ声で、進行すると声帯麻痺によって声が出にくくなったり、嚥下障害、呼吸困難などがあらわれることがあります。
声門ガンの場合は比較的早期にかすれ声がみられますが、声門上がんと声門下がんではある程度進行しないとかすれ声の症状があらわれません。

喉頭がんの検査

ファイバースコープ、内視鏡検査、CT検査、MRI、生検、喉頭ストロボスコピーなど。

ファイバースコープでは喉頭の状態を観察することができますが、確定診断には生検が行われます。また、画像診断ではガンの状況を詳しく調べます。

喉頭がんの治療

放射線療法、手術療法、化学療法などがあります。

初期では放射線療法が多いですが、治療効果が期待できないときは手術を行います。
手術には喉頭を前部摘出する喉頭全摘術と部分的に喉頭を摘出する喉頭部分切除術があります。多くの場合、喉頭全摘術を必要とし、全摘術を実施すると発声が不可能となります。

喉頭を摘出すると発声機能が失われるため、食道発声、人工喉頭、ボイスプロテーゼ発声法といった新たな発声法を選択することになります。

スポンサードリンク


喉頭がん(症状/検査/治療・手術)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .