肝臓がん(症状/検査/治療)

肝臓がん を紹介しています。

肝臓がん(症状/検査/治療)

肝臓がんについて

肝臓がんは男性に多いがんで、患者数は増加傾向にあります。
肝臓がんの原因はC型肝炎とB型肝炎から発生することがほとんどで、肝細胞がガン化します。
また他の臓器のがんから転移しやすいのも肝臓がんの特徴で、大腸、胃、膵臓、胆嚢、乳房などからガンが転移しやすいといわれています。

スポンサードリンク

肝臓がんの症状

肝臓がんの早期は症状がみられないため、症状があらわれる頃にはある程度進行していることが多いです。
主な症状には、黄疸、上部の腹痛、背中や腰の鈍痛、むくみ、食欲減退、体重減少、黄疸、発熱などがあります。

肝臓がんの検査

GOT、GPT、腹部超音波、X線CT、腹部血管造影、肝生検、AFP、CEAなど。

肝臓がんは早期発見することが大切ですが、肝臓がんの早期は「特に症状がない」という難点があります。そのため、定期的に検査をうけることが非常に重要です。

肝臓がんの治療

手術療法、冠動脈塞栓術、エタノール注入療法、ラジオ波焼灼術、放射線治療、肝動注化学療法など。

肝臓がんの治療法はいろいろありますが、手術療法が最も有効であるといわれています。

手術療法ではガンを切除し、入院期間は2、3週間です。
冠動脈塞栓術は、がんの大きさ・位置・数などから手術ができない場合に適用されます。
エタノール注入療法では、大きさが3cm以下、3個以下の小型ガンが対象です。
ラジオ波焼灼術では、ラジオ波で患部を加温して腫瘍を凝固させる方法で、3cm以下の腫瘍が適しています。
肝動注化学療法は冠動脈にカテーテルを挿入して抗がん剤を注入する治療法です。

スポンサードリンク


肝臓がん(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .