胃がん(症状/検査/治療)

胃がん を紹介しています。

胃がん(症状/検査/治療)

胃がんについて

胃がんはガンの中でも死因の上位にあたる病気です。
胃がんの原因は遺伝子の損傷が原因のひとつとして考えられており、慢性胃炎や食生活、ヘリコバクター・ピロリ菌などによって遺伝子が損傷される可能性があります。
しかし、はっきりと解明されていないのが現状です。

スポンサードリンク

胃がんの症状

下痢、便秘、倦怠感、疲労、血便、貧血など。
胃がんに見られる症状には、胃がん特有の症状がありません。

胃がんの検査

X線、上部消化管内視鏡、腹部超音波など。
健康診断ではX線撮影が行われます。 X線撮影で胃がんの疑いがあると、内視鏡検査や腹部超音波などの検査が行われ、胃がんの有無や進行状況を診断します。

胃がんの治療

手術療法、抗がん剤療法、内視鏡的切除など。

手術療法では、がんの進行度によって胃の一部または前部を切除します。胃壁外へ浸潤するほどガンが進行していると胃以外の臓器も切除します。
抗がん剤療法は効果が薄いですが、手術療法との併用や、手術できない場合に使用することがあります。
内視鏡的手術では内視鏡で患部を観察しながら高周波電流で切除します。早期の小さなガンに対して適応されます。

スポンサードリンク


胃がん(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .