ウィルムス腫瘍(症状/検査/治療)

ウィルムス腫瘍 を紹介しています。

ウィルムス腫瘍(症状/検査/治療)

ウィルムス腫瘍とは?

ウィルムス腫瘍は、5歳以下の子供に発生することが多い腎臓の悪性腫瘍(腎臓がん)です。

この腫瘍は腹部のしこりから気が付くことが多く、上腹部を触ると球状の腫れがあります。なお、ウィルムス腫瘍の原因は先天性のものであると考えられています。

スポンサードリンク

ウィルムス腫瘍の症状

お腹が大きくなる、血尿、腹痛、発熱、食欲減退、吐き気、嘔吐など。

血尿などの症状が起こる前に、腹部の腫れから気が付くことが多いです。 ウィルムス腫瘍は肺に転移しやすく、転移すると咳や息切れといった症状がみられます。

ウィルムス腫瘍の検査

超音波検査、CT検査、MRI検査など。
ウィルムス腫瘍の疑いがある場合は、上記の画像診断で、腫瘍の大きさや特徴を調べます。

ウィルムス腫瘍の治療

腎摘出術、放射線療法、化学療法など。
根治的療法は腎摘出術で腎臓を切除します。放射線療法や化学療法も有効で、腎摘出術と併用して行うこともあります。転移がない場合は予後は良好です。

スポンサードリンク


ウィルムス腫瘍(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .