うつ病(症状/検査・診断/治療)

うつ病 を紹介しています。

うつ病(症状/検査・診断/治療)

うつ病とは?

うつ病は気分が沈んで憂鬱な状態になる病気で、誰にでもおこる可能性がある精神疾患です。

うつ病になる人は約15%とも言われています。
うつ病の原因には、性格(几帳面、責任感が強い、凝り性など)や周りの環境(仕事、学校、出産、定年など)といった様々な要因が絡み合ってうつ病になりますが、そこには脳の異常や神経伝達物質(セロトニン、ノルアドレナリンなど)の異常がみられます。

スポンサードリンク

うつ病の症状

憂鬱感、無気力、自信が無くなるなど。
一般的に午前中にうつ症状が起きやすく、治療しない場合は1年以上にわたって続くことがあります。

うつ病の精神的な症状の他にも身体的な症状があらわれます。
身体的な症状には不眠、過眠、食欲不振、過食、性欲低下などがあります。

うつ病の検査・診断

うつ病の検査・診断には、うつ病の特徴的な症状が2週間以上続いて、社会的・職業的に問題がある場合が診断基準となっています。
この診断基準はDSM-Wと呼ばれるアメリカ精神医学会による精神疾患の診断・統計マニュアルによります。
うつ症状は他の病気から引き起こされることがありますので、うつ病を引き起こす病気がないか確認します。

うつ病の治療

主に薬物療法を行いながら精神療法を行うのが一般的です。
薬物療法にはセロトニン、ノルアドレナリンに関与する抗うつ剤が用いられます。
精神療法には認知療法、行動療法、対人関係療法などがあります。

スポンサードリンク


うつ病(症状/検査・診断/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .