全般性不安障害(症状/検査/治療)

全般性不安障害 を紹介しています。

全般性不安障害(症状/検査/治療)

全般性不安障害とは

全般性不安障害は漠然とした不安症状が突然あらわれる状態で、20代の女性に多い心の病気です。

全般性不安障害の原因には、本人の性格、神経伝達物質の異常、周りの環境によるストレス、対人関係など様々な要因が絡み合って起こります。
また、パニック障害が治った後に全般性不安障害になる場合もあります。

スポンサードリンク

全般性不安障害の症状

全般性不安障害の主な症状は、心配、運動性緊張、自律神経性過活動で、数週間以上続くことが多いです。

運動性緊張とは、頭痛、ふるえ、落ち着きがなくなる、落ち着けないなど。
自律神経性過活動には発汗、頻脈、過呼吸、胸痛、めまい、口の渇きなどがあります。

全般性不安障害の検査

検査にはまず身体的検査(血液検査、脳波検査、画像検査など)を行って、その他の疾患の可能性がないか調べます。

全般性不安障害の治療

全般性不安障害の治療には薬物療法と精神療法が行われます。

薬物療法には抗不安薬や抗うつ薬を使用します。
精神療法では無意識下にある不安の根源を見つけることから始め、自分でコントロールできるように行う治療法などがあります。

スポンサードリンク


全般性不安障害(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .