パニック障害(症状/検査/治療)

パニック障害 を紹介しています。

パニック障害(症状/検査/治療)

パニック障害とは?

パニック障害とは突然パニック発作が発症する状態で、20代〜30代の女性に多いです。
パニック障害を引き起こす原因にはストレスや過労といった生活環境や遺伝、性格なども影響していると考えられていますが、発作は前触れなく突然起こります。
パニック発作は、交感神経が異常に興奮して、ノルアドレナリンが過剰分泌されることで発症します。

スポンサードリンク

パニック障害の症状

パニック発作は短時間(約数十分)で終わりますが、症状には激しい不安症状、動悸、胸痛、窒息感、めまい、ふるえ、発汗、吐き気などがあります。
パニック発作は突然起こり、以前起こった状況や場所では再度発作がおきやすくなります。
パニック発作で死亡することはありませんが、日常生活に生活をきたす可能性があります。

パニック障害の検査

パニック発作の疑いがある場合は、その他の病気の可能性がないか検査することが大切です。
検査した結果、体に異常がみられず発作を何度も繰り返す場合は、パニック障害の疑いがあります。

パニック障害の治療

パニック障害の治療には薬物療法と精神療法があります。
薬物療法では抗うつ薬や抗不安薬、β遮断薬などを用いて発作を抑え、心の不安を軽減します。
精神療法の1つには認知療法があります。
認知療法はパニック障害を引き起こすストレスなどの原因に対して、認識を改めていきます。
その他には、避けてきた状況に心身を慣らす暴露療法や呼吸法、リラクゼーション法などがパニック障害の治療で使われます。

スポンサードリンク


パニック障害(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .