心身症(症状/診断/治療)

心身症 を紹介しています。

心身症(症状/診断/治療)

心身症とは?

心身症とは、精神的・社会的な影響が原因で引き起こされる体の病気のことをいいます。

心身症では精神疾患であるうつ病や神経症などは除外されます。
心身症からは高血圧、気管支喘息、胃・十二指腸潰瘍、バセドウ病など、体内の様々な部分の病気がみられます。

スポンサードリンク

心身症の症状

心身症でみられる病気には、循環器系、呼吸器系、消化器系、内分泌系、代謝系、神経系、筋肉系、泌尿器系、皮膚科、産婦人科、眼科医、耳鼻咽喉科、歯科など様々な領域に及び、各病気に応じた症状があらわれます。

心身症の診断

心身症の場合は身体的な検査の他に、患者さんの精神的・社会的側面も調べる必要があります。

心身症の診断の流れは、身体的な症状の訴えに対して検査を行い、身体疾患を確認することがまずはじめに行われます。そして、日常の言動が正常であることを確認し、社会的・心理的影響を受けているかを調べます。

その結果、社会的・心理的要因が関与している場合は心身症が考えられます。

心身症の治療

心身症の治療では、一般的な身体的疾患とは異なり心理社会的側面が関与しているため、身体医学的な治療だけでは治すことが困難で、再発しやすいです。
そのため、心理的な治療もあわせて行います。

治療の流れはまず身体症状に対する治療を薬の投与などで行い、次に心理社会的要因を治療する流れとなります。

心理社会的要因に対する治療法には、一般心理療法、自律神経訓練法、行動療法、バイオフィードバック療法、交流分析療法、簡易精神分析、ゲシュタルト療法、森田療法、生体エネルギー療法、絶食療法などがあります。

スポンサードリンク


心身症(症状/診断/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .