対人恐怖症(症状と治療)

対人恐怖症 を紹介しています。

対人恐怖症(症状と治療)

対人恐怖症とは?

対人恐怖症とは、他人との1対1で極端な緊張と恐怖が生まれ、日常での人付き合いが難しくなる心の病気です。
対人恐怖症は青年期に発生することが多く、「自分が原因で相手に不快感を与えているのではないか」という悩みを持つ場合が多いです。

スポンサードリンク

対人恐怖症の症状

他の人と1対1の状況で、顔が赤くなる赤面恐怖、自分の視線がおかしくないかと不安を感じる自己視線恐怖、自分の体臭や口臭がいやではないかと感じる自己臭恐怖、自分の顔がおかしくて不快感を与えているのではないかと感じる醜貌恐怖などの症状があります。

対人恐怖症の治療

精神療法と薬物療法がありますが、精神療法が主体となります。

精神療法では行動療法の暴露療法などが有効であるといわれています。
暴露療法とは、恐怖を感じる状況に少しずつ接していくことで、恐怖を克服していくという精神療法です。
薬物療法では抗うつ薬、抗不安薬、β遮断薬などが用いられます。

スポンサードリンク


対人恐怖症(症状と治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .